タグ別アーカイブ: 金融機関

事業計画書の内容が合否の鍵となります

通常の融資は、決算書を代表とした事業の実績を考慮して、融資を行うべきかの審査を行います。
しかし新規事業を興したい創業者には、そのような実績が無い為、その審査基準は、将来性、人物、採算性が重視されたものになります。
創業融資は、創業者の「創業動機、事業経験、事業哲学」及び「収支計画、資金繰り、財務健全性」の両輪をもって決定されます。
続きを読む

事業に必要な資金を調達するには

事業をするにはどうしても資金が必要になってきます。
中小企業にとってはその資金調達が非常に大変なことで資金繰りに頭を悩ませる経営者も少なくありません。
企業が事業融資をうけるのは民間の金融機関か国が出資している公的な金融機関に融資をうけることが多いですが、融資をうけるにもどこから借りるかという選択肢多くあります。
続きを読む

国が出資する金融機関の役目とは

国民生活金融公庫とは中小企業や個人に対して小口融資をおこなう機関です。

政府に出資でなりたっている公的金融機関であり、中小企業の資金繰りを助けたり、個人に融資する際は教育費などの融資をしています。
個人で利用する場合遊ぶお金が欲しいので融資して欲しいという理由だったりまとまった金額が必要な買い物をするから融資して欲しいという理由では利用できません。
続きを読む