会社をたちあげる際の資金調達について

会社を新しく設立しようと思っても、多くの人は資金に余裕があるわけではありません。
会社を設立することや、色々手続の関係で多くの資金が必要になり、仕事が軌道にのるまで十分な収益を得ることも難しいです。
創業資金を、銀行で借りようと思う人は多いと思います。

しかし、民間の金融機関は、保証人に資金がある、取引が非常によいという高条件でなければ、新規設立の会社に融資することはありません。
1番、有効的なのは日本政策金融公庫です。
日本金融公庫なら、融資をしてくれる可能性が非常に高く、金利が低く、固定金利という特長があり、創業資金にゆとりがない時でも安心して利用することが出来ます。公的機関なので、安心して利用することも出来るのも魅力的です。
しかし、条件もあり、しっかり今後の事業計画や、資金繰りなど見通しが明確にたててあることが重要になります。申請するには、いつでも受付て貰えるわけではないので、設立登記をしてから行うと余計な時間や手間がかかることなくスムーズに進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>