月別アーカイブ: 2014年9月

契約社員だからカードが作れないという思い込み

昨日、ウチの近所で一人暮らしをしている10歳下の従妹が
「ごめんっ!1万円貸して!お給料入ったら返すから…」
って電話してきました。

学生時代から、お財布がピンチとなると我が家に晩御飯を食べに来たりしていて、ちょっとわが子みたいな感覚になっちゃってます。
じゃぁ、晩御飯食べがてら取りにおいで、ということで、食事を御馳走して1万円を貸して、さらにパスタやレトルトソース、缶詰などの
「支援物資」も渡してあげました。
貸してあげるのは全然かまわないんだけど、もう仕事もしてるんだし、1万円ぐらいだったらカードのキャッシングとか使ってもいいんじゃないの?

って聞いてみたら、なんとカードを持っていないと言う。

さらに驚いたことには
「だって私の場合、契約社員だからカード作れないでしょ」
って言うんです。
そんなわけないでしょー!

いや、別にクレジットカードを作れって言うつもりはないんだけど、契約社員でも派遣社員でもクレジットカードを作ることはできるし、ちゃんとキャッシング利用も可能なはずです。

従妹の話を色々聞いてみると、どうやら契約や派遣で働いている方たちは、こういった信用取引は無理って思い込んでいる人が多いみたいです。

限度額が少し低くなったりといったことはあるのかもしれませんが、きちんと働いて収入を得ていればカードの申請は可能なはず。
どうしてそんな思い込みが蔓延しちゃってるんでしょうね?