自分自身の計画書

事業計画書とは、事業の内容、取扱商品、収支予算を記したビジネスプランをさします。簡単にいいますと、どのような事業を行いたいかを説明する資料となります。
事業計画書は、基本的には自分自身の指針の為に作成するものですので、提出の義務はありませんが、銀行や国民生活金融公庫等から開業資金を借り入れするようであれば、必ず提出を求められます。

金融機関は、提出された事業計画書等を基に審査を行いますので、提出する側としては、失敗は許されません。
事業計画書には、主な事業概要、会社概要、製品とサービス、市場分析の概要、戦略と実行方法、経営概要、資金計画等さまざまな内容を記載しなければいけません。
これは、事業内容と見合った説明内容量が求めれれているからです。

事業計画書を作成するにあたり、一番大切な事は計画書を渡す相手の事を考えながら作成することです。
基本的な事業計画を理解しようとする相手に提出するのであるならば、図表やデータなどが入った見やすい計画書を作成することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>