全てはこの資金集めから始まります

創業資金とは、文字通り創業の際に必要となる融資のことを指します。
全てを自己資金でまかなうことが理想とされますが、実際に創業に必要となるほどの資金を作る事は容易ではないため、金融機関などから借り入れる必要があります。
金融機関からの借り入れを考える前に、親族や友人を頼る事も有効です。

ただし親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、身内から借り入れる場合も、事業計画書を提示して、誠実に説明する必要があります。
創業資金は多ければ多いほど事業の成功確率も上がるため、金融機関を利用する前に親類知人から借り入れられるなら出来るだけ協力して貰いましょう。
国が政策で行っている助成金制度などを利用するのも有効ですが、返済のいらない資金であるため、創業資金に充てるには最適の手段だといえます。
しかしそれだけに審査も厳しくなるので注意が必要です。
金融機関からの融資は、創業資金調達法としては最もポピュラーな手段です。
借り入れ先は、公的金融機関と、民間の金融機関の2つに大別出来ます。
しかし民間の銀行は、事業実績のない個人創業者に借り入れを行う事は稀であるため、基本的には公的金融機関を頼る事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>