事業計画書の内容が合否の鍵となります

通常の融資は、決算書を代表とした事業の実績を考慮して、融資を行うべきかの審査を行います。
しかし新規事業を興したい創業者には、そのような実績が無い為、その審査基準は、将来性、人物、採算性が重視されたものになります。
創業融資は、創業者の「創業動機、事業経験、事業哲学」及び「収支計画、資金繰り、財務健全性」の両輪をもって決定されます。

創業融資は、事業計画書の内容によって融資の実行の是非と融資額が決まります。
事業計画書の立案は非常に重要なポイントになりますが、売上げや利益目標などを詳細な数字で示すだけでなく、創業に賭ける熱意、アイデアを盛り込んだストーリー性のあるものが求められます。
創業融資を受ける際は、基本的に自己資金が必要となりますが、それが不足している場合は、預貯金や有価証券といった流動性の高い金融商品でその穴埋めをするか、自己資金に合わせた事業計画に変更する必要があります。
事業計画書に基づいて、金融機関に融資を申込んだあとは、一週間ほど後に融資担当者との面談が行われます。
その後、金融機関による実地調査などが行われ、融資の可否が連絡されたあと、融資が実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>