事業継続のため銀行との関係構築を

中小企業の経営者にとって資金繰りは、永遠の課題と言えます。
事業を継続し、従業員に給与を払い続けるためには仕事の受注も不可欠ですが、資金ショートを起こさないように十分な注意を払う必要があります。
というのも、仕事を受注した後は、これを期限内に達成することが求められるわけですが、目的達成のためには当然経費がかかります。

一方で仕事の達成に伴う支払いは、達成後になることがほとんどです。
つまり、受注して報酬を受け取るまでの経費は、自前で捻出する必要があるわけですが、ここに資金繰りのポイントがあります。いかに、受注と報酬受け取りのタイムラグを埋めるかが重要となるわけです。
さて、こうした場合に頼りになるのはやはり銀行です。運転資金に係る融資は、各銀行が用意しているとのろであり、種類も豊富、しかし、融資を実際に受けるには企業の信用度が重要です。いかに銀行との信頼関係を築けるかが課題です。円滑な資金繰りのためにも、メインバンクとの関係は常に良好なものとすることが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>