サスペンスドラマの謎

2年ほど前にファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強していたのですが、その時からちょっと疑問に思うことがあります。

よく、親が借金を残したまま死亡して、子供がその借金の肩代わりをする、という描写があります。

しかし、相続の勉強をしてみたら、必ずしも子供が負債を相続する必要は無いことが分かりました。
と言うのも、親が死亡してある3ヶ月以内に相続人全員で相続できる資産の範囲内で負債を背負って、プラスマイナスゼロにする、という「限定相続」という制度が
あるのです。借金踏み倒しとは違って、プラスの相続の範囲内でマイナスの相続を支払うわけですから、払える範囲内でちゃんと支払ったことになります。

ですが、サスペンスドラマではこれが何故か使われておらず、子供が負債を背負っているケースが非常に多いですね。どうしてかなと、不思議に思っていたのですが、弁護士の友達が一言。
「3ヶ月って言う期限と、相続人全員って言うのが難しい」
と教えてくれました。

実は、被相続人の借金が判明するのは、死亡直後では無く、死亡後数カ月経ってからのことが多いのだそう。また、相続人全員で裁判所に申し立てをするというのも、結構難しいのだそうです。

相続人は、子供だけではなく、親もふくまれます。場合によっては姪や甥、孫まで。この全員の意志をそろえるのも大変です。

そうした事情もあって実は限定相続がきちんと機能するケースは少ないのだそう。消費者金融もその辺りを理解しているので、わざと死亡してから3ヶ月以上経ってから取り立てに行くことが多いようです。巧妙ですね。

どちらにしても、サスペンスドラマの定番は、それなりに理由があって作られているのだと言うことですね。

お金を借りる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>