とにかく事業を興すには資金が必要

会社、つまり企業は利益を生み出すために、何かをしています。
自動車会社であれば自動車を作りお客様に販売して利益を得る、食品スーパーであれば食品を製造してはいないけれど、食品を仕入れてお客様に販売して利益を得るなどのことです。
それでは会社が得た利益は、その後、どうなっていくのかと言うことですが、もちろん従業員に給与として還元されるでしょう。

その他には、借りているお金があれば利子を払う、元金を返済するなどがあり、税金面では法人税を支払います。
通常はそれでも会社にお金が残るはずです。
そうなると、会社は規模を大きくするために従業員を増やしたり、海外進出をしたりしますが、規模を大きくするだけではありません。
たとえば、食品スーパーであれば、食品を仕入れるために運送業者をつかい、その費用を払わなければいけませんが、その費用を圧縮するために自社で運送事業を興すこともできます。
自社で運送事業を所有するほうが、流通管理もスムーズに行うことができるかもしれません。
このとき、事業を興し運営する資金を事業資金といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>