キャッシングカード

私は専業主婦です。
会社の文句ばかり言ってる旦那は唯一の楽しみであるバイクを買い替えたいと言っているのですが旦那の給料ではすぐには買えないので、どこで借りようか悩んでいます。
クレジットカードはよく使いますがキャッシュカードは持っていないので色々調べて見ました。
良くCMでやってる会社からどんどん調べて見ると審査とか収入証明書とかめんどくさそうでした。
続きを読む

事業計画書の内容が合否の鍵となります

通常の融資は、決算書を代表とした事業の実績を考慮して、融資を行うべきかの審査を行います。
しかし新規事業を興したい創業者には、そのような実績が無い為、その審査基準は、将来性、人物、採算性が重視されたものになります。
創業融資は、創業者の「創業動機、事業経験、事業哲学」及び「収支計画、資金繰り、財務健全性」の両輪をもって決定されます。
続きを読む

全てはこの資金集めから始まります

創業資金とは、文字通り創業の際に必要となる融資のことを指します。
全てを自己資金でまかなうことが理想とされますが、実際に創業に必要となるほどの資金を作る事は容易ではないため、金融機関などから借り入れる必要があります。
金融機関からの借り入れを考える前に、親族や友人を頼る事も有効です。
続きを読む

事業に必要な資金を調達するには

事業をするにはどうしても資金が必要になってきます。
中小企業にとってはその資金調達が非常に大変なことで資金繰りに頭を悩ませる経営者も少なくありません。
企業が事業融資をうけるのは民間の金融機関か国が出資している公的な金融機関に融資をうけることが多いですが、融資をうけるにもどこから借りるかという選択肢多くあります。
続きを読む

とにかく事業を興すには資金が必要

会社、つまり企業は利益を生み出すために、何かをしています。
自動車会社であれば自動車を作りお客様に販売して利益を得る、食品スーパーであれば食品を製造してはいないけれど、食品を仕入れてお客様に販売して利益を得るなどのことです。
それでは会社が得た利益は、その後、どうなっていくのかと言うことですが、もちろん従業員に給与として還元されるでしょう。
続きを読む

自分自身の計画書

事業計画書とは、事業の内容、取扱商品、収支予算を記したビジネスプランをさします。簡単にいいますと、どのような事業を行いたいかを説明する資料となります。
事業計画書は、基本的には自分自身の指針の為に作成するものですので、提出の義務はありませんが、銀行や国民生活金融公庫等から開業資金を借り入れするようであれば、必ず提出を求められます。
続きを読む

手元資金の重要性

会社を経営していくにはお金の重要性を理解しておかなければいけないというのは、全ての人が簡単に理解できるのではないでしょうか。
手元にお金、つまりは資金がないと、従業員に給与を払うことが不可能ですし、電気代などの光熱費も払うことができません。
大きな黒字が出た決算期が終わって、約3カ月後に払うべき法人税も払うことができません。
続きを読む

事業継続のため銀行との関係構築を

中小企業の経営者にとって資金繰りは、永遠の課題と言えます。
事業を継続し、従業員に給与を払い続けるためには仕事の受注も不可欠ですが、資金ショートを起こさないように十分な注意を払う必要があります。
というのも、仕事を受注した後は、これを期限内に達成することが求められるわけですが、目的達成のためには当然経費がかかります。
続きを読む

国が出資する金融機関の役目とは

国民生活金融公庫とは中小企業や個人に対して小口融資をおこなう機関です。

政府に出資でなりたっている公的金融機関であり、中小企業の資金繰りを助けたり、個人に融資する際は教育費などの融資をしています。
個人で利用する場合遊ぶお金が欲しいので融資して欲しいという理由だったりまとまった金額が必要な買い物をするから融資して欲しいという理由では利用できません。
続きを読む

事業を継続するための資金

近年は色々な会社で事業が大変になっており、なかなか簡単に利益が出なくなっています。
そんな中でもしっかりと新しい取り組みを始めて利益を出して生き残っているような会社は多いです。
しかし、時には事業を継続するために新しい資金が必要になるような場合も多く、それまでの営業成績もそれほど良くないような場合もあります。
続きを読む