未来は暗い

最近では、税金も本当に高いし、年金も高すぎて自分が生活するお金がないというのが本当に悲しい現実でもあります。

自分が年を取ったときに、年金がもらえないって話もありますし、この先将来を考えるだけでも不安になってしまいます。貯金すらできていないので、とても現代を生き抜くことも命がけです。

プラスに考えるとやりがいがあると考えたほうがいいですけどね。そのなかでも、年金情報が流出して詐欺等の事件も耳にすると、真面目に生きていて詐欺に合うとか理不尽すぎますよね。

もしかしたら自分が被害に遭うのではないかと若干不安です。

まだまだ沢山遊びたいし、生きている今を思う存分思い出に変えたいのに、難しいものです。だからみんな今実家にとどまってしまう人も沢山いるのでしょうね。甘えぐせって怖いですね。自分も実家飛び出しましたけど、なかなかいい生活というのは難しいです。

結果的に、未婚者も増えるという悪循環です。少子高齢化はいつまでたっても解決されなさそうですね。世の中の状勢が変わらなければ意味が全くないですもんね。

どんどん給料はさがり、税金は上がる。これから先が不安です。今は法に従い、国のためにお金を収める他ないです。

いつか豊かになってくれると信じて、働いていこうと思います。

相続放棄で夫と意見が食い違う

私の実家は、比較的都会にあります。庭もまあまあの広さの一戸建てです。

祖父の代からその土地に住んでいるのですが、私は大学に入る際、実家から数百キロ離れた都市に引っ越しし、就職も結婚もその土地でしたので、実家に戻るつもりはありません。

両親は、元気ですが60代半ばと70代なので、そろそろ何かあった時のことを想定しておいたほうが良いと、先月実家に帰った際、兄弟3人で話をしました。実家近くには妹が住んでいます。

妹も結婚していますが、両親に何かあった時は妹が面倒見るという話で落ち着きました。実際、今までも父が病気で入院した際は、妹が入退院の手続きやその後の通院の付き添いまで、母と一緒に行っていましたし、妹が自ら申し出てくれたので、その言葉に甘えようと思いました。

私より実家から離れた場所に住んでいる弟も同じ意見でした。その代わり、遺産相続については妹にのみしてもらうことにして、私と弟は相続放棄をしようという約束で話がまとまりました。

私は実家の遺産なんて当てにしていませんし、妹の負担を考えれば、相続放棄くらいでは足りないかもしれないと思いました。ところが、それを自宅に戻って夫に話すと、夫の考えは180度違いました。

夫の考えを要約すると、貰えるものはちゃんと貰えということらしいです。自ら放棄するなんて勿体ないと言われましたが、妹の負担のことなんて考えていない様子です。

夫には相続放棄することになった理由も説明したのですが、納得していない様子。弟に電話してみると、弟の奥さんも似たような反応だったそうです。これは、将来遺産相続で親族トラブルの原因になりそうな予感です。

そうならない為に、お盆にまた集まって、今度は両親も交えて話し合いをし、大袈裟かもしれませんが遺言書でも作ってもらおうかと思います。

伯母の自己破産により

私の父と伯母、つまり父の姉は、借金が理由で疎遠になりました。伯母は10年以上前に勤めていた会社を辞め、個人で店を経営し始めました。初期投資にいくらか必要だった為、自己資金の他に、銀行から融資を受けたらしいです。

融資を受けるためには保証人が必要とのことで、弟である父が保証人になったそうです。

最初の頃は、店の経営も順調で利益もそれなりにあったそうなのですが、5年程前から経営は赤字になり生活自体も苦しくなっている様子。

最初に銀行から受けた融資は、直ぐに返済できたようなのですが、新たに借りた分は返済が滞っているようで、最近その借金の保証人にもなっていた父が被害を受けました。

伯母は債務整理を行ったからです。それも自己破産。所謂ブラックリストというものにも載ってしまったようです。

疎遠になった一番の原因は、自己破産のことを事前に父に話さなかったこと。自己破産を申請した段階で伯母は父に連絡した為、父は、なす術がなかったと言っていました。

結果、私たち家族は家を失いました。

父は自身で購入したマイホームを売ったお金を返済に充てました。現在、私たち家族は母方の実家に身を寄せています。

ゆくゆくは母が実家を相続するらしいですし、祖父母も私たちを歓迎してくれているのですが、父は肩身が狭そうです。最近、父は「兄弟であろうと保証人にだけはなるな。」が口癖になりました。

縁側で庭をぼんやりと見つめる父の背中を見ると、可哀そうになります。

借金の踏み倒しの方法

最近は、とても簡単に借金を出来る世の中になってきました。
スマホ一つでお金を借りることも出来るし、誰にも会わずに、誰にもばれずにお金を借りることが出来るようです。
しかも、金利も高く、一度借りると返せなくなることも多いんです。

簡単に借りられるからこそ、返せなくなる人もいます。

そんなとき、人は借金踏み倒しを考えるのでしょうね。
ネットで踏み倒しの方法などと言うサイトもありました。
実際のことを言うと、踏み倒しはだめです。
人として、借りたからには返すのが大切なのです。

テレビとか映画でも、闇金とかのものも多くて、そういう世の中になってきてしまっているんでしょうね。
借金はきちんと働いて返しましょう。
働けばお金はもらえるし、働くことは出来るのです。

と私は思いますが、そう思わない人もたくさんいるので、個人できちんと考えることが必要ですね。
今回調べてみて分かったことは、借金している人がとても多いと言うこと。

そして、お金がないと何もできない世の中なんですね。
今の世の中が。嫌な世の中です。

それと、借金には時効もありますが、よっぽどの覚悟がないと出来ません。
そのことは肝に銘じておくことが必要です。

ご利用は計画的にというフレーズは本当ですね。

借金 返済

行き先も考えて

今は長い間お付き合いをしていて結婚する・赤ちゃんが出来たことをきっかけに結婚するという結婚のパターンも多いと思います。
新婚旅行が初めての2人での旅、ということはそれほど多くないかもしれませんね。

また、結婚しても仕事を続ける女性だと、忙しくて結婚式のための日程を調整するのがやっと、ということもあるかもしれません。新婚旅行まで手が回らないから、また改めてということもあるんじゃないかなと思います。

それでもせっかく夫婦として初めての旅行ということで新婚旅行に行くのなら行き先もちょっと工夫したらより思い出深いものになると思います。
私の仲良しの友人は、「子供ができてからも家族揃って訪れることができるように。」ということであえて国内を選びました。国内旅行といっても新婚旅行ですから、ちょっと贅沢にホテルや移動手段なども選び海外旅行と同じくらいの費用がかかったようです。普通に旅行に行く場合でも近場のアジアの国々よりも国内の北海道や沖縄などに行くほうが高くなったりしますから、びっくりすることはありません。

アイデアとしてはそういうのも素敵だな、と思います。実際にそのカップルは子供が生まれて旅行にいけるようになると家族旅行で新婚旅行の思い出の土地を再訪しています。

新婚旅行で撮った写真と、何年かのちに家族旅行で撮った写真、同じ場所で撮った写真なのに並べて飾ると幸せの記録が目に見えるようでとても微笑ましいものです。

新婚旅行に費用をかけて海外に行くのもいいと思います。でも、今や簡単に海外旅行を楽しむことができるのですから、「また気軽に訪れることができるような場所」を行き先として選択するのもアリじゃないかなという気がします。

サスペンスドラマの謎

2年ほど前にファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強していたのですが、その時からちょっと疑問に思うことがあります。

よく、親が借金を残したまま死亡して、子供がその借金の肩代わりをする、という描写があります。

しかし、相続の勉強をしてみたら、必ずしも子供が負債を相続する必要は無いことが分かりました。
と言うのも、親が死亡してある3ヶ月以内に相続人全員で相続できる資産の範囲内で負債を背負って、プラスマイナスゼロにする、という「限定相続」という制度が
あるのです。借金踏み倒しとは違って、プラスの相続の範囲内でマイナスの相続を支払うわけですから、払える範囲内でちゃんと支払ったことになります。

ですが、サスペンスドラマではこれが何故か使われておらず、子供が負債を背負っているケースが非常に多いですね。どうしてかなと、不思議に思っていたのですが、弁護士の友達が一言。
「3ヶ月って言う期限と、相続人全員って言うのが難しい」
と教えてくれました。

実は、被相続人の借金が判明するのは、死亡直後では無く、死亡後数カ月経ってからのことが多いのだそう。また、相続人全員で裁判所に申し立てをするというのも、結構難しいのだそうです。

相続人は、子供だけではなく、親もふくまれます。場合によっては姪や甥、孫まで。この全員の意志をそろえるのも大変です。

そうした事情もあって実は限定相続がきちんと機能するケースは少ないのだそう。消費者金融もその辺りを理解しているので、わざと死亡してから3ヶ月以上経ってから取り立てに行くことが多いようです。巧妙ですね。

どちらにしても、サスペンスドラマの定番は、それなりに理由があって作られているのだと言うことですね。

お金を借りる

契約社員だからカードが作れないという思い込み

昨日、ウチの近所で一人暮らしをしている10歳下の従妹が
「ごめんっ!1万円貸して!お給料入ったら返すから…」
って電話してきました。

学生時代から、お財布がピンチとなると我が家に晩御飯を食べに来たりしていて、ちょっとわが子みたいな感覚になっちゃってます。
じゃぁ、晩御飯食べがてら取りにおいで、ということで、食事を御馳走して1万円を貸して、さらにパスタやレトルトソース、缶詰などの
「支援物資」も渡してあげました。
貸してあげるのは全然かまわないんだけど、もう仕事もしてるんだし、1万円ぐらいだったらカードのキャッシングとか使ってもいいんじゃないの?

って聞いてみたら、なんとカードを持っていないと言う。

さらに驚いたことには
「だって私の場合、契約社員だからカード作れないでしょ」
って言うんです。
そんなわけないでしょー!

いや、別にクレジットカードを作れって言うつもりはないんだけど、契約社員でも派遣社員でもクレジットカードを作ることはできるし、ちゃんとキャッシング利用も可能なはずです。

従妹の話を色々聞いてみると、どうやら契約や派遣で働いている方たちは、こういった信用取引は無理って思い込んでいる人が多いみたいです。

限度額が少し低くなったりといったことはあるのかもしれませんが、きちんと働いて収入を得ていればカードの申請は可能なはず。
どうしてそんな思い込みが蔓延しちゃってるんでしょうね?

便利な時代のキャッシング

私の友人はお金を借りて、今大変な目に合っています。
とは言っても、その友人はアルバイトしかしていません。
つまり正社員じゃなくてもアルバイトやパート、契約社員でもお金を借りられるのです。
私はそんなことを全く知らなかったので、その友人の話を聞き、最初驚きました。
消費者金融で借入したそうなのですが、安定した収入があればアルバイトでも借りられるとのこと。

確かにその友人はアルバイトを2、3個掛け持ちしていて、月に十数万稼いでいました。
そして、どうしてお金をすぐ必要になったかと言うと、お付き合いしていた彼女へのプレゼントに高級時計を贈りたいと言っていたそうです。
アルバイトをしている彼に高級時計をおねだりする彼女はすごい人だと思いますが、それを承諾してしまう友人も友人だと思います。
私はかなりシビアなので、その彼女とは愛が無くなって縁が切れても、借金は切れないと思ってしまいます。
怪我をさせてしまい、すぐにお金が必要だと言う場合を除いては、付き合っている相手のために消費者金融にお金を借りるのはどうかと思います。
でも、実際正社員が厳しいこの時代にアルバイトでもお金が借りられるのなら即金が必要な人には便利だと思います。
そして、私の友人は今バイトで稼いだお金をどんどん返済に回し続けた結果、食費までも削り、体調を崩してしまったのです。
体調を崩している間も借金は消えません。
どんどん利息がついていくのですが、それを返済するのはその友人か友人の家族でしょう。
便利だけど、恐ろしい一面も持っていると言うことを把握しておくことは大切だと感じました。

キャッシングカード

私は専業主婦です。
会社の文句ばかり言ってる旦那は唯一の楽しみであるバイクを買い替えたいと言っているのですが旦那の給料ではすぐには買えないので、どこで借りようか悩んでいます。
クレジットカードはよく使いますがキャッシュカードは持っていないので色々調べて見ました。
良くCMでやってる会社からどんどん調べて見ると審査とか収入証明書とかめんどくさそうでした。
続きを読む

事業計画書の内容が合否の鍵となります

通常の融資は、決算書を代表とした事業の実績を考慮して、融資を行うべきかの審査を行います。
しかし新規事業を興したい創業者には、そのような実績が無い為、その審査基準は、将来性、人物、採算性が重視されたものになります。
創業融資は、創業者の「創業動機、事業経験、事業哲学」及び「収支計画、資金繰り、財務健全性」の両輪をもって決定されます。
続きを読む

全てはこの資金集めから始まります

創業資金とは、文字通り創業の際に必要となる融資のことを指します。
全てを自己資金でまかなうことが理想とされますが、実際に創業に必要となるほどの資金を作る事は容易ではないため、金融機関などから借り入れる必要があります。
金融機関からの借り入れを考える前に、親族や友人を頼る事も有効です。
続きを読む